仮性包茎の治し方には手術と矯正器具を使用する二つの方法がある

包茎には2種類あって、仮性包茎と真性包茎です。

 

仮性包茎というのはペニスが勃起すれば亀頭が剥き出しになる状態のもので、真性包茎は勃起しても亀頭が出てこない状態のものです。

 

真性包茎は手術が必要ですが、仮性包茎の場合は必ずしも手術は必要ないのです。

 

ただし包茎にコンプレックスを持つ人はとても多いので、できれば治した方が精神的にも楽になれます。

 

手術をしない仮性包茎の治し方として、市販の矯正器具を使うやり方があります。

 

矯正器具には3種類あって、リングタイプ、下着タイプ、シールタイプです。

 

いずれの方法も、装着することによって包皮のムキぐせをつける治し方です。

 

ただし必ず治るというものではないので、完全に治すには手術が一番です。

関連ページ

仮性包茎とは日本人に1番多いタイプ
カントン包茎、真性包茎、仮性包茎のタイプ別の治し方を静岡の体験談を参考に。包茎手術後のツートンカラーとは?傷跡、後遺症が残る危険性は?静岡の包茎についてのデメリットに関する説明ブログです。